測定や試験で鋼球が提供される

測定の方法であったり、試験方法というのも鋼球では定められています。
色々な用語と絡めていきながら知っていくこともありますので、情報を理解していくようにしましょう。

例えば平均直径であったり直径不同における測定や試験方法を見ていくと、求めていく際に必要となる直径というのは、鋼球を平面にしたり垂直な状態で測定していきます。
その間で方向を変えながら正確に測定を行っていきます。

平均直径というのは最大値もしくは最小値で平均値を算出していきます。また直径不同においては差から算出していきます。
測定していく値から平均直径では弾性の接近量を補正していきます。
そして質量で弾性の接近量を原則としていきながら算出されていきます。

真球度における測定や試験方法では、真円度の測定器を活用していきます。お互いに90度となる状態で表面の輪郭を計算していきます。
そして最小の外接円より表面まで測っていくことによって最大値を求めていきます。
角度も変えていきながら最大値を算出した後で、その半分の値が真球度となっています。
測定していく際の値をしっかりと確認しておかなければ、間違えた値で計算をしてしまうこともあります。鋼球を利用する際に参考にしていきましょう。