飛行機でも鋼球が使われる

気軽に海外旅行に近年行けるようになりましたが、それは飛行機が作り出されたためです。
空を飛んで行く際にも安定した動きを見せていく飛行機ですが、そのエンジンであったり車輪に活用されているのが鋼球です。

とりわけ鋼球はジェットエンジンに入っていますが、これは高温もしくは高圧となっている空気中において高速回転で耐えていくために活用されています。
高い耐熱性であったり、耐久性を持っていなければなりません。
車や飛行機などに搭載する鋼球は、色々な測定や試験を行うことによって正しく利用できるか判断していくこととなります。

表面の粗さにおける試験は測定器を利用していきます。JIS規格によって設定されていますが、赤道上を明確に測定していきます。
ここから中心線より平均粗さを求めていくこととなります。
ロットについて直径における相互差やゲージについても、鋼球やロットの平均直径で算出されていきます。

硬さにおける試験は、寸法ごとに日本工業規格にて定められた試験法によって計測されます。試験は規格によって行われますので、明確な条件をクリアすることによって提供されていきます。
太陽鋼球軸受株式会社は多くの製品を試験などを行いながら提供しています。